当サイトはアフィリエイト広告を含む場合があります。
【ドラマ:ONE DAY】国際犯罪組織アネモネとは?

ドラマ

【ドラマ:ONE DAY】国際犯罪組織アネモネとは?

ドラマ「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」では、「アネモネ」という国際犯罪組織とのボス役として中川大志さんが演じられます。

この国際犯罪組織アネモネとは何なのか、「ONE DAY」のドラマ内ではどのような関係があるのが気になるところです。

放送前とありあまり情報が不明なタイミングではありますが、国際犯罪組織アネモネについて紹介しています。

国際犯罪組織アネモネについて

ドラマ「ONE DAY」の国際犯罪組織アネモネは、横浜を拠点に暗躍するマフィアです。

アネモネ・二代目のボス
👉笛花ミズキ(ふえはな・みずき):中川大志

国際犯罪組織にアネモネという花の名前がついていますが、どのような意味があるのでしょう。

ドラマには伏線が張り巡らされていることが事前に言われていることもあり、アネモネという花の意味が伏線となる可能性ももしかしたら考えられるのかもしれません。

アネモネの意味や花言葉

アネモネは、ヨーロッパ南部から地中海東部沿岸地域が原産の花です。

花言葉

花言葉

  • あなたを愛します
  • はかない恋

アネモネには上のような花言葉があるようですが、花の色によっても花言葉が違うようなのでそちらも記載しました。

色ごとの花言葉

◾️白色:「真実」「期待」
◾️赤色:「君を愛す」
◾️桃色:「希望」「待ち望む」
◾️紫色:「あなたを信じて待つ」

笛花ミズキを演じる中川大志さんのコメント

「マフィアとは無縁の生活を送ってきて、クリーンに生きてきたので…。国際犯罪をしているということで、そのスケール感を見ているお客さまが感じられて、キャタクターの奥行や説得力を持たせられるように、演じています」

まとめ

今回は「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」の国際犯罪組織アネモネについて記載しました。

非常に情報が少ないため、花言葉などの紹介となってしまいましたが、ドラマ内で何かしら重要な役割となる可能性もあります。

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」の放送などにより、さらに詳しい部分が分かり次第改めて記載できたらと考えております。

-ドラマ
-

error: クリックできません